ドライバーレポート

  1. でんわ

    ピンクコンパニオン ドライバーこぼれ話(7)

    ある日、事務所のデスクの電話が鳴る。私が電話に出しました。それからの電話の内容です。私:もしもし、コンパニオン派遣の桃色です。相手(女 以降 女とする):おずおずの雰囲気で、あのーそちらは女性を派遣してくれる所ですか?私:その通りです。ご希望の場所にコンパニオンを派遣致します。

  2. ほろよい

    ピンクコンパニオン ドライバーこぼれ話(6)

    さて、今回は、長野県某所の宴会場所について、書きましょう。この場所は、古くからの温泉地で有名な場所です。昭和初期には、赤線地帯だったとの事です。温泉宿の女将の話によれば、宿泊客目当てに、たくさんの飲み屋やスナックがあり、多くの女の人が働いていたそうです。

  3. 構内配置

    ピンクコンパニオン ドライバーこぼれ話(5)

    ドライバーの私の場合、コンパニオン宴会が行なわれている時(待機時間)の過ごし方をお教えしましょう。単にボンヤリと時間を潰しているわけではありません。都内の場合は、パーキングに駐車し、そこで待機をします。郊外の場合は、宴会場所がホテルやコテージが多いので、そこの駐車場で待機をします。

  4. エルグランド

    ピンクコンパニオン ドライバーこぼれ話(4)

    私達ドライバーは、宴会場までコンパニオンをお送りする仕事と、宴会料金を集金する仕事を兼ています。当然車を運転する訳ですから、車の整備には気を使います。1日で、700Kmも移動する事があるからです。エンジンオイルの汚れや量、それにタイヤの空気圧も重要なチェック項目です。

  5. へぎそば

    ピンクコンパニオン ドライバーこぼれ話(2)

    私たちドライバーは関東一円の宴会場に出向きます。通常、宴会は午後7からや午後8時からの開始時間が多くあります。コンパニオンを車に乗せて移動しますので、東京を出発するのは夕方のラッシュ時間帯にぶつかってしまいます。渋滞を抜け、高速道路を走り、目的の宴会場に行きます。

  6. ゴーカート

    ピンクコンパニオン ドライバーこぼれ話(1)

    コンパニオンを宴会場までお連れするドライバーとしてのアレヤコレヤを書きましょう。コンパニオンは関東一円の宴会場まで、私たちドライバーが車を運転してコンパニオンを連れていきます。

最近の記事

最近の記事

ページ上部へ戻る